2010年12月25日

ネジの断面写真より塗装の厚みの測定に使用

今回は、弊社のDinoliteの貸出サービスを利用しておよせ頂きました使用事例をご紹介いたします。

ご利用頂きました企業様は、金属部品の防錆処理加工(ジオメット処理及びエマルター処理他)を業務とされております。

以下、お寄せ頂きました感想です。原文より会社名を伏せております。

貸し出し頂きましたマイクロスコープは本日発送致します。

今回の使用用途としましては、先日御社よりDinoLite PRO Polarizerとスタンドを購入させて頂いており、業務にて大変重宝しておりますが500倍になるとさらに深く観察が可能かどうかを確認したく、貸し出しをお願い致しました。
 
これまでの200倍より高倍率ですのでミクロン単位の測定は可能だと
感じました。これから社内にて検討し、購入へ向けて要望を出したいと
考えております。ありがとうございました。     

p.s.こちらにてテスト撮影した写真を添付致します。ネジの断面写真ですが
ネジの上に塗装をしておりその厚みをマイクロスコープで観察してみました。

1.JPGが200倍、2.JPGが500倍です。
※画像は掲載用に圧縮されております。通常はPROシリーズはSXGA(1280x1024)で撮影画像の保存が可能です。

1.jpg
1.jpg※200倍 DinoLite PRO Polarizerで撮影。


2.jpg
2.jpg※500倍 DinolitePRO 500Xで撮影


またマイクロスコープの試用機レンタルサービスも大好評ですので、ご購入を検討されている方は是非ご利用ください。

posted by dinolite at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dinolite使用事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする