2010年05月07日

印刷会社様での品質事故の原因究明にご利用頂きました。

□ご利用会社様について

・軟包装を製造販売している(主に食品の袋包装,紙包装等)企業様です。

・ポテトチップスの袋とかタバコの包装紙を主に取り扱われております。

□USBマイクロスコープ検討理由

・企業様の品質保証部では、品質事故が発生した場合、その原因調査をする必要があるためにご検討中とのこと。
・具体的には印刷面のインキの転移状態や異物等を観察しました。

□観察内容

Dino liteでfilmの印刷面及びアルミを含むfilmの印刷面をそれぞれの観察面を撮影された画像を頂きました。


□使用したマイクロスコープ

DinoLite PRO Polarizer

DinoLite PRO 500X


□撮影画像

DinoLite PRO Polarizer でアルミの印刷面を20倍に拡大した画像



DinoLite PRO Polarizerでアルミの印刷面を20倍に拡大した画像をメジャー機能で計測したもの



DinoLite PRO Polarizerでアルミの印刷面を200倍に拡大した画像



DinoLite PRO Polarizerでアルミの印刷面を200倍に拡大した画像をメジャー機能で計測したもの




DinoLite PRO 500Xでアルミの印刷面を約500倍に拡大した画像



DinoLite PRO 500Xでアルミの印刷面を約500倍に拡大した画像をメジャー機能で計測したもの





posted by dinolite at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dinolite使用事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする